裏セコリ百景 長野県取材編

By 山越栞, 6月 28, 2016

 

こんにちは!百景協力隊の山越です。
ずいぶん間が空いてしまいましたが…裏セコリ百景の更新です。

3月10〜12日に、セコリ百景の取材で長野県をまわってきました!

_MG_6811

今回は総勢6名の大所帯で出発です。
2日間で4件の取材をさせていただきました!

 

東京とは打って変わって一面の銀世界に、童心にかえる百景取材班。

_MG_6837

ところが楽しんでいたのも束の間。
予想外の吹雪に、普通タイヤのレンタカーに限界が……。

結果、こうなります。

 

IMG_1480

タイヤにチェーンを巻きながら、
「なんでいつもこうなるの〜!」
と嘆くCEO&COOの図。

と、

「なんかこう友の共同作業!て感じですねぇ。」
呑気に写真に収める山越(雨女)。

DSC_2013

でも、ほらね?いい絵が撮れました。

 

しょっぱなからのトラブルをひとつ乗り越えてようやく到着したのは、
松本市にある木工家具の工房「atelier m4」さんです。

代表の前田さんのお父様の代から自分たちで建てられたという工房兼ご自宅がかっこよすぎて、一同大興奮でした。

なんですかこの規格外の佇まい…

_MG_6934

こんなかわいすぎるわんちゃんも。

D91ov

「正直こんな大勢でくるとは思ってなかったですけど…(笑)みなさん楽しそうで活気があって刺激になります」

と、前田さんにもおっしゃっていただきました。
(にぎやかですみません……)

 

その後は、東御市にある日用品のセレクトショップ、「わざわざ」さんに。オーナーの平田さんはなんとIT業界出身ということで、インタビュー中も那木と大盛り上がり。

「クラウドファンディングってどうやったんですか? どこがおすすめですか?」

などと逆に質問していただくなど、畑に囲まれたのどかな場所に似つかわしくない会話が繰り広げられていました。

_MG_7040

このようなインターネットの活用に積極的な点も、わざわざさんが地方にありながら、日本全国からお客さんがやってくる理由のひとつなんだな、と実感し、初日の取材日程は終了しました。

 

そしてこの日の夜は諏訪湖のふもと、下諏訪町にある「マスヤゲストハウス」さんに宿泊。

 

ラウンジに集まって、セコリ百景のFacebookとInstagramを更新するなどおのおの絶賛仕事中です。

DSC_2021

「こんな感じでみんなが好きに仕事できる家っぽいオフィスつくりたいなぁ」
とワクワクする大滝。

_MG_7076

オーナーさんに教えてもらって、近くの温泉にもみんなで行ってきました。

IMG_1441

ブライトログの地方出張といえば、温泉が欠かせませんからね。
この辺には昔から近所の人たちの憩いの場である共同浴場がたくさんあるそうです。

 

さて、2日目は安曇野で暖簾の染色やバッグ製作などをされている菊地さんご夫婦の「atelier10colours」へ。

早めに着いたので、自然いっぱいの安曇野の森の中に早々と消えていく百景フォトグラファーズです。

_MG_7101

_MG_6854

※取材先の写真はセコリ百景の記事もしくはSNSでお楽しみください!

atelier10coloursには、「十色屋」というギャラリーショップも併設されています。安曇野の土地で生み出された鮮やかな色たちに心を奪われる取材班でした。

_MG_7187

セコリ百景はインタビュー中に撮影を同時進行させていただく場合が多いので、実際の現場はこんな風にわちゃわちゃしてます。

 

そして、最後の取材先は、大河ドラマ『真田丸』で再び注目を集める上田市の伝統の織物、上田紬を手織りでつくり続ける「小岩井紬工房」さんです。

_MG_7218-2

長野県ならではの、リンゴの皮で染めた糸なども見せてもらい、ここでも興味津々の…?

_MG_7286

お気づきでしょうか…若干2名、明らかに顔が死んでます。

「いい取材風景の写真撮れたと思ったのに!ふざけんな!」
と大滝に後日嘆かれたのはいうまでもありません。

気を抜くとこんなに覇気のない顔になるのか、と反省しました。笑

気をとりなおして、取材後はせっかくなので上田城へ。

IMG_1475

歴史上の人物たちのなかでも真田家の大ファンだという大滝。背中からなにやら武士オーラを放っていて、超話しかけにくかったので隠し撮りしておきました。

しっかり記念撮影も。

IMG_1469

上田城をあとにした一行は、真田氏が築いた城下町の街並みが残る「柳町」エリアにも足を伸ばしました。

IMGP3160

百景メンバーのざっきーがおすすめしてくれたパン屋さんでおやつをGET。

IMGP3166

この長野取材中、合間合間にみんなのペースに合わせておやつ食べてたら
体重が2㎏も増えたのは今となっては良き思い出です。

IMGP3167

それにしても、こんなにパンの硬さを顔で表現できる人には初めて出会いました。

その後は街中をさらに散策。

_MG_7373

隣を歩いているかよさんに、この写真を見て
「ローカルのおじさん風だよね」と言われていた那木。

たしかに、とんでもない小慣れ感が出ています

 

このあとは、上田市の山奥にある鹿教湯(かけゆ)温泉に宿泊しました。ブライトログの地方出張といったら温泉は欠かせませんからね。(2回目)

 

お風呂の近くにこんな荘厳な神社があったので、一同でお参りもしてきました。

_MG_7397

_MG_7405

このあと、最終日の12日はみんなでスノボに行ったのですが…

すみません、ふつうに楽しんでしまって写真がありません!笑

思い出は心にだけ残りました。

この反省を生かして、今後は愉快なOFFモードのブライトログファミリーの写真もどんどん載せていく予定です。
横でみているといつも結構ネタがあるな、と思うので取りこぼさないように日々お伝えしていけたらいいな、と思います。

 

さて、話を元に戻して、長野取材の感想を。

今回は初めて大人数での取材で、とにかくずっとにぎやかで楽しかったな、というのがシンプルな感想です。

前回の地方取材の際に、
「いつかはおっきい車借りて、大勢で取材に行きたいね」

なんて話していたのが早々に実現して、ちょっと感慨深かったです。

取材先のみなさんにも、
「どういうつながりのメンバーなんですか?」とか、
「みなさんすごい仲良しですけどどれくらいの期間一緒にやってるんですか?」
と聞かれることも多々ありました。

ブライトログのまわりには、セコリ百景を通して出会った個性豊かなメンバーがたくさんいるんです。今後もどんどん興味を持ってくれる方を増やしながら、楽しんで、それぞれの得意分野を活かした活動を広げていこうと思います。

今回の取材記事で百景ライターデビューをしてもらうメンバーもいるので、どうぞお楽しみに〜!