ものづくり 終了しました

日本の伝統的な手仕事の現在と未来について語る

〜現場を見てきたメディアが考えるこれからの手仕事〜

それぞれが日本の伝統的な手仕事の現場を見つめ、職人たちと心を通わせ、伝え続けてきた「ニッポン手仕事図鑑」と「セコリ百景」両メディアの編集長が、現場で聞いてきたリアルな声をもとに「日本の手仕事のこれから」について語り合います。

職人さんを取材するにあたっての経験談や、彼らの今の想いなど、現場に居なくては分からないディープな話も飛び出す会になると思いますので、みなさんどうぞ気軽に参加してください!

<イベント詳細>
■日時:7月3日(火)
    19:30〜22:00頃終了予定(19:15開場)
■会場:天窓(株式会社ブライトログ オフィス)
■住所:東京都渋谷区神宮前6-7-9ネスト原宿201
    https://goo.gl/maps/YDFNiVBFfby(明治神宮前駅から徒歩5分)
■定員:約20名程度
(チケットは http://tenmado-event-02.peatix.com/ よりお求めいただけます)
■料金:500円1ドリンク付き(当日お支払い下さい)

<出演>
【ニッポン手仕事図鑑】https://nippon-teshigoto.jp/
編集長:大牧圭吾

「ニッポンの手仕事を、残していく」職人の技と想い、伝統あるニッポンの手仕事を失わせない手段となる事を願い、立ち上げた動画メディアです。

【セコリ百景】http://secori-hyakkei.com/
編集長:大滝洋之

セコリ百景は2015年にSecori Galleryと株式会社ブライトログが協業で立ち上げた「日本のものづくり」を伝えるためのメディアを中心としたプロジェクトです。
「生産者と消費者を繋ぐ」この言葉から全てが始まり、今日も地道に活動を続けています。

【 iichi 】https://www.iichi.com/
アカウントマネージャー:新田晋也

つくる人とつかう人をつなぐ、手仕事のマーケットプレイス iichi のアライアンス担当であり、昨年、株式会社Camp を立ち上げイベントプロデュースやPR をしています。

◼こんな方におすすめのイベントです
・伝統工芸や民藝に興味がある
・メディアと地域の関わりに興味がある
・ものづくりメディアの話を聞きたい
・これからの手仕事を一緒に考えたい

  • 2018/7/3(火) 19:30 - 22:00
  • 500
  • 東京都渋谷区神宮前6-7-9ネスト原宿201(天窓)